コンテンツにスキップ
ja
商品情報へスキップ
Description

ビーチ・フォッシルズ『バニー』LP

PLP-7974CW
フォーマット: LP
定価:4,500円+税
発売日:2023/06/02

★日本独自限定カラー盤
★初回限定生産
★日本限定仕様(Opaque White Vinyl w Japanese Obi)

"全時代のBeach Fossilsファンへ捧げる究極のアルバムが完成!"

2010年代のBrooklynのインディーシーンを作り上げたBeach Fossils、2017年にリリースされた3rdアルバム『Somersault』よりオリジナルアルバムとしては約6年ぶりとなる4thアルバム『Bunny』をリリース!

前作『Somersault』はそれまでにBeach Fossilsや元メンバーでもあるZachary Cole Smithが舵を切るDIIVが作り上げてきた〈Captured Tracks〉の代名詞とも言える2010年代Brooklynのサウンドから少し距離を取り、ストリングスなども積極的に取り入れた新たなポップネスとネオアコやギターポップといった陽を感じさせるサウンドと、見違えるほどに成長を感じさせたDustin Payseurのヴォーカリストとしてのスキルで見事にリスナーを甘く心地の良い夢の世界へ連れていった。

今作では『Somersault』以降に表現した新たな方向性を更に奥深く突き詰めつつ、バンドが成熟した“今”だからこそもう一度あの頃に戻ったインディーポップを鳴らした楽曲が共に1枚のアルバムに詰まった大傑作に仕上がっている。アルバムはどこか懐かしい気持ちにさせられるキラキラとしたギターとノスタルジックでエモーショナルなDustin Payseurのヴォーカルが感傷的に心の奥くに刺さる「Sleeping On My Own」からスタートすると、凍える冬を温める暖炉のように穏やかな気持にさせられる優しいインディーポップ「Run To The Moon」へと続いていく。3曲目「Don't Fade Away」は初期の頃のインディーサウンドを彷彿させるドリーミーな楽曲だが、勢いで勝負するわけではなく、ヴォーカルと楽器隊のテンションの強弱で楽曲を魅せることでバンドの成熟度合いが伺えるし、6曲目に収録されている「Dare Me」でも3rdアルバムで磨きがかかったポップなメロディーラインを初期のBeach Fossilsが得意だったサウンドに乗せることに成功している。

アルバムの後半には今作の中で最もBeach Fossilsらしさが詰まった楽曲「Tough Love」や壮大にシューゲイズを鳴らす「Numb」などを収録し、今までのBeach Fossilsから新たなBeach Fossilsまでを詰め込んだ優しくてエモーショナル、そしてインディーリスナーに正面から刺さる大傑作に!


■Track list

    SIDE A:
  • 1. Sleeping On My Own
  • 2. Run To The Moon
  • 3. Don't Fade Away
  • 4. (Just Like The) Setting Sun
  • 5. Anything is Anything
    SIDE B:
  • 1. Dare Me
  • 2. Feel So High
  • 3. Tough Love
  • 4. Seconds
  • 5. Numb
  • 6. Waterfall

Beach Fossils『Bunny』LP

Release : 2023-06-02

通常価格 ¥4,500

(¥4,950 税込)

完売

  • SKU:
    PLP-7974CW
  • Product type:
Description

ビーチ・フォッシルズ『バニー』LP

PLP-7974CW
フォーマット: LP
定価:4,500円+税
発売日:2023/06/02

★日本独自限定カラー盤
★初回限定生産
★日本限定仕様(Opaque White Vinyl w Japanese Obi)

"全時代のBeach Fossilsファンへ捧げる究極のアルバムが完成!"

2010年代のBrooklynのインディーシーンを作り上げたBeach Fossils、2017年にリリースされた3rdアルバム『Somersault』よりオリジナルアルバムとしては約6年ぶりとなる4thアルバム『Bunny』をリリース!

前作『Somersault』はそれまでにBeach Fossilsや元メンバーでもあるZachary Cole Smithが舵を切るDIIVが作り上げてきた〈Captured Tracks〉の代名詞とも言える2010年代Brooklynのサウンドから少し距離を取り、ストリングスなども積極的に取り入れた新たなポップネスとネオアコやギターポップといった陽を感じさせるサウンドと、見違えるほどに成長を感じさせたDustin Payseurのヴォーカリストとしてのスキルで見事にリスナーを甘く心地の良い夢の世界へ連れていった。

今作では『Somersault』以降に表現した新たな方向性を更に奥深く突き詰めつつ、バンドが成熟した“今”だからこそもう一度あの頃に戻ったインディーポップを鳴らした楽曲が共に1枚のアルバムに詰まった大傑作に仕上がっている。アルバムはどこか懐かしい気持ちにさせられるキラキラとしたギターとノスタルジックでエモーショナルなDustin Payseurのヴォーカルが感傷的に心の奥くに刺さる「Sleeping On My Own」からスタートすると、凍える冬を温める暖炉のように穏やかな気持にさせられる優しいインディーポップ「Run To The Moon」へと続いていく。3曲目「Don't Fade Away」は初期の頃のインディーサウンドを彷彿させるドリーミーな楽曲だが、勢いで勝負するわけではなく、ヴォーカルと楽器隊のテンションの強弱で楽曲を魅せることでバンドの成熟度合いが伺えるし、6曲目に収録されている「Dare Me」でも3rdアルバムで磨きがかかったポップなメロディーラインを初期のBeach Fossilsが得意だったサウンドに乗せることに成功している。

アルバムの後半には今作の中で最もBeach Fossilsらしさが詰まった楽曲「Tough Love」や壮大にシューゲイズを鳴らす「Numb」などを収録し、今までのBeach Fossilsから新たなBeach Fossilsまでを詰め込んだ優しくてエモーショナル、そしてインディーリスナーに正面から刺さる大傑作に!


■Track list

    SIDE A:
  • 1. Sleeping On My Own
  • 2. Run To The Moon
  • 3. Don't Fade Away
  • 4. (Just Like The) Setting Sun
  • 5. Anything is Anything
    SIDE B:
  • 1. Dare Me
  • 2. Feel So High
  • 3. Tough Love
  • 4. Seconds
  • 5. Numb
  • 6. Waterfall
Beach Fossils『Bunny』LP
Drawer Title
類似商品