コンテンツにスキップ
ja
商品情報へスキップ
Description

downt『Ⅲ』CD

PCD-4645
フォーマット:CD
定価:1,000円+税
発売日:2023/06/28

オルタナ、エモ、インディーロック、もはやカテゴライズはいらない存在感でジャンルの境界線を風通しよく越えて拡がり続けるdownt。2023年初作品『III』、数量限定でCD盤もリリース決定。

昨年2021年春に結成し6月の初ライブより活動をスタート。10月に1stとなる「downt」をungulatesよりリリースし瞬く間に、FLAKE RECORDSやHOLIDAY!をはじめレコードショップやディストロにて話題となり、一躍エモ、オルタナのライブハウスシーンにても注目を集める存在に。

2022年明けには3ヶ月足らずでCD500枚(CT250本)を売り切る勢いに。6月に満を持してEP「SAKANA e.p.」リリース、東名阪(東京は新代田FEVER)にて開催したリリースツアーは全会場SOLD OUTし、”フジロックフェスティバル”の新人登竜門となるROOKIE A GO-GOのステージに4000組を超える応募の中から選考を通過し晴れて出演!その他各地の野外フェスにも出演し、存在感を少しずつ増やしながらその活動の範囲を拡げつつある。

現在、最も次の作品を待ち望まれているアーティストの一つ、downt。
新作アルバムへと続く2023年1発目となる今作『III』は、 美しきフィードバックノイズによる幕開けとなる1曲目「前奏」から、 幾重ものレイヤーを重ね水が染み渡るように終焉を迎える、バンドとしてのまたあらたな新機軸となる8分を超える大作「13月」の2曲を収録。


■downt
富樫ユイ – Guitar,Vocal
河合崇晶 – Bass
Tener Ken Robert – Drums

2021年結成。富樫ユイ(Gt&Vo)、河合崇晶(Ba)、Tener Ken Robert(Dr)の3人編成。
東京をベースに活動。同年10月1st「downt」をungulatesからリリース(CD&CT共に完売)。
6月22日に新作EP「SAKANA e.p.」をリリース、そして7月21日より東・名・阪のリリースツアーも決定。7月22日には1st ALBUMと新作EPの編集盤レコード「Anthology」もUK/EUのレーベルDog Knights!よりリリース。
この夏は、FUJI ROCK FESTIVAL ’22“ROOKIE A GO-GO”のステージをはじめ各地の野外フェスへも出演。緊迫感のある繊細且つ大胆な演奏に、秀逸なメロディセンスと情緒的な言葉で綴られ、優しく爽やかな風のようで時に鋭く熱を帯びた歌声にて表現される世界観は、風通しよくジャンルの境界線を越えて拡がりはじめている。

2023年1月より自主企画「Waste The Momonts」をスタート。第一回目は 1/15(日)下北沢 SHELTER にて、明日の叙景、第二回目は 3/25(土)にSubway Daydream を迎え開催しチケットは共にSOLD OUT。春より、IMAIKE GO NOW、SYNCHRONICITY、hoshiotoなど各地サーキット、野外フェスへも出演、夏に向けてもYATSUI FESTIVAL!、そしてGFB‘23 つくばロックフェスへの出演も決定している。6/7には、バンドとしての新機軸となる8分半超の大作「13月」を含む、今年初の新作『III』をリリース。リリースに併せ、自主企画・第三回目はリリースパーティとして6/10(土)下北沢SHELTERにてDENIMSを迎え開催し、SOLD OUTの大盛況な中終了。
現在、次作アルバムに向け鋭意創作中。

downt official:
https://www.instagram.com/downt_japan/


■Track list

  • 1.前奏
  • 2.13月
  • downt 『Ⅲ』CD

    Release : 2023-06-28

    通常価格 ¥1,000

    (¥1,100 税込)

    • SKU:
      PCD-4645
    • Product type:
    Description

    downt『Ⅲ』CD

    PCD-4645
    フォーマット:CD
    定価:1,000円+税
    発売日:2023/06/28

    オルタナ、エモ、インディーロック、もはやカテゴライズはいらない存在感でジャンルの境界線を風通しよく越えて拡がり続けるdownt。2023年初作品『III』、数量限定でCD盤もリリース決定。

    昨年2021年春に結成し6月の初ライブより活動をスタート。10月に1stとなる「downt」をungulatesよりリリースし瞬く間に、FLAKE RECORDSやHOLIDAY!をはじめレコードショップやディストロにて話題となり、一躍エモ、オルタナのライブハウスシーンにても注目を集める存在に。

    2022年明けには3ヶ月足らずでCD500枚(CT250本)を売り切る勢いに。6月に満を持してEP「SAKANA e.p.」リリース、東名阪(東京は新代田FEVER)にて開催したリリースツアーは全会場SOLD OUTし、”フジロックフェスティバル”の新人登竜門となるROOKIE A GO-GOのステージに4000組を超える応募の中から選考を通過し晴れて出演!その他各地の野外フェスにも出演し、存在感を少しずつ増やしながらその活動の範囲を拡げつつある。

    現在、最も次の作品を待ち望まれているアーティストの一つ、downt。
    新作アルバムへと続く2023年1発目となる今作『III』は、 美しきフィードバックノイズによる幕開けとなる1曲目「前奏」から、 幾重ものレイヤーを重ね水が染み渡るように終焉を迎える、バンドとしてのまたあらたな新機軸となる8分を超える大作「13月」の2曲を収録。


    ■downt
    富樫ユイ – Guitar,Vocal
    河合崇晶 – Bass
    Tener Ken Robert – Drums

    2021年結成。富樫ユイ(Gt&Vo)、河合崇晶(Ba)、Tener Ken Robert(Dr)の3人編成。
    東京をベースに活動。同年10月1st「downt」をungulatesからリリース(CD&CT共に完売)。
    6月22日に新作EP「SAKANA e.p.」をリリース、そして7月21日より東・名・阪のリリースツアーも決定。7月22日には1st ALBUMと新作EPの編集盤レコード「Anthology」もUK/EUのレーベルDog Knights!よりリリース。
    この夏は、FUJI ROCK FESTIVAL ’22“ROOKIE A GO-GO”のステージをはじめ各地の野外フェスへも出演。緊迫感のある繊細且つ大胆な演奏に、秀逸なメロディセンスと情緒的な言葉で綴られ、優しく爽やかな風のようで時に鋭く熱を帯びた歌声にて表現される世界観は、風通しよくジャンルの境界線を越えて拡がりはじめている。

    2023年1月より自主企画「Waste The Momonts」をスタート。第一回目は 1/15(日)下北沢 SHELTER にて、明日の叙景、第二回目は 3/25(土)にSubway Daydream を迎え開催しチケットは共にSOLD OUT。春より、IMAIKE GO NOW、SYNCHRONICITY、hoshiotoなど各地サーキット、野外フェスへも出演、夏に向けてもYATSUI FESTIVAL!、そしてGFB‘23 つくばロックフェスへの出演も決定している。6/7には、バンドとしての新機軸となる8分半超の大作「13月」を含む、今年初の新作『III』をリリース。リリースに併せ、自主企画・第三回目はリリースパーティとして6/10(土)下北沢SHELTERにてDENIMSを迎え開催し、SOLD OUTの大盛況な中終了。
    現在、次作アルバムに向け鋭意創作中。

    downt official:
    https://www.instagram.com/downt_japan/


    ■Track list

  • 1.前奏
  • 2.13月
  • downt 『Ⅲ』CD
    Drawer Title
    類似商品