コンテンツにスキップ
ja
商品情報へスキップ
Description

ダーティ・スリー 『ラヴ・チェンジズ・エヴリシング 』CD

PCD-25405
フォーマット: CD
定価:2500 円+税

オーストラリアが世界に誇る古今無双のインストゥルメンタル・バンド、ダーティ・スリー、じつに12年ぶりのニュー・アルバム『ラヴ・チェンジズ・エヴリシング』。ふたたびあの音に酔いしれるときがやってきたのだ。
孤高のダーティ・ミュージックに打ち震える

2012年の『トゥウォード・ザ・ロウ・サン』以来、10年以上ぶりとなるアルバムのために、彼らが飛行機でやってきて、集まり、演奏をはじめた。話は終わりだ。それ以外に言うべきこと、するべきことがあるだろうか? 音楽は彼らの言語であり、真の愛である。彼らはけっしてそれを聴くことをやめない。そして今、『ラヴ・チェンジズ・エヴリシング』。

波と原始的な霧から立ち上がるのは、「Love changes everything I」と適切に名付けられたシングル。ダーティ・スリーが産声を上げた、荒々しく混乱したインディ・ワールドに6本の手で敬意を表した「Love changes everything I」が、猛烈な嵐のなかで新しいレコードの幕を開ける。太陽がウォーレン・エリスのヴィオラのカミソリの刃にきらめき、ミック・ターナーのギターとジム・ホワイトのドラムの喧騒の上に乗り、彼らは魚から汚物へと騒々しく進化する。『ラヴ・チェンジズ・エヴリシング』のほかの楽曲では、警戒心と忍耐力がループに巻き込まれることを可能にし、アンビエントになり、超越し、そしてまた戻ってくる。

ダーティ・スリー(ウォーレン・エリス、ミック・ターナー、ジム・ホワイト)は1992年にメルボルンで結成され、ギター、ドラム、ヴァイオリンまたはヴィオラで演奏していた。数年のうちに彼らはオーストラリアを飛び出し、世界に進出した。それから10年以上、彼らは地球上を絶え間なくツアーし、その間に7枚のアルバムを発表し、個別に尊敬すべき才能(ニック・ケイヴ、キャット・パワー、ボニー"プリンス"ビリー、PJ・ハーヴィ等)との多くの実りあるコラボレイションを行った。この20年間、彼らは誓いを新たにしたり、エンジンをかけたり、ライヴをしたり、アルバムを作ったりするために何度か集まってきた。『ラヴ・チェンジズ・エヴリシング』は、湧き出たばかりの清水のような透明感で沸きあがってくる。その透明性は、ディストーションの濁流、ダーティなギター、ヴァイオリンの汚れ、そして、ときにマイクの許容範囲を超えて打ち鳴らされるドラムの音へと変化していく。

こうした形は、今日の彼らのように風化するために生まれてきたのだ。時間は関係ない。彼らはときを経て集めた英知で、毎回、新しいもののように歌わせている。それは更新する。『ラヴ・チェンジズ・エヴリシング』。


■Track list

  • 1. Love changes everything I
  • 2. Love changes everything II
  • 3. Love changes everything III
  • 4. Love changes everything IV
  • 5. Love changes everything V
  • 6. Love changes everything VI

DIRTY THREE『LOVE CHANGES EVERYTHING』CD

Release : 2024-06-26

通常価格 ¥2,500

(¥2,750 税込)

  • SKU:
    PCD-25405
  • Product type:

※クレジットカード決済について
こちらの商品につきまして商品発売前の決済(注文時決済)とさせていただきます。
発売日前にご注文のキャンセル、返金をご希望される方はお手数ですがstore@p-vine.jpまでご連絡ください。

 
Description

ダーティ・スリー 『ラヴ・チェンジズ・エヴリシング 』CD

PCD-25405
フォーマット: CD
定価:2500 円+税

オーストラリアが世界に誇る古今無双のインストゥルメンタル・バンド、ダーティ・スリー、じつに12年ぶりのニュー・アルバム『ラヴ・チェンジズ・エヴリシング』。ふたたびあの音に酔いしれるときがやってきたのだ。
孤高のダーティ・ミュージックに打ち震える

2012年の『トゥウォード・ザ・ロウ・サン』以来、10年以上ぶりとなるアルバムのために、彼らが飛行機でやってきて、集まり、演奏をはじめた。話は終わりだ。それ以外に言うべきこと、するべきことがあるだろうか? 音楽は彼らの言語であり、真の愛である。彼らはけっしてそれを聴くことをやめない。そして今、『ラヴ・チェンジズ・エヴリシング』。

波と原始的な霧から立ち上がるのは、「Love changes everything I」と適切に名付けられたシングル。ダーティ・スリーが産声を上げた、荒々しく混乱したインディ・ワールドに6本の手で敬意を表した「Love changes everything I」が、猛烈な嵐のなかで新しいレコードの幕を開ける。太陽がウォーレン・エリスのヴィオラのカミソリの刃にきらめき、ミック・ターナーのギターとジム・ホワイトのドラムの喧騒の上に乗り、彼らは魚から汚物へと騒々しく進化する。『ラヴ・チェンジズ・エヴリシング』のほかの楽曲では、警戒心と忍耐力がループに巻き込まれることを可能にし、アンビエントになり、超越し、そしてまた戻ってくる。

ダーティ・スリー(ウォーレン・エリス、ミック・ターナー、ジム・ホワイト)は1992年にメルボルンで結成され、ギター、ドラム、ヴァイオリンまたはヴィオラで演奏していた。数年のうちに彼らはオーストラリアを飛び出し、世界に進出した。それから10年以上、彼らは地球上を絶え間なくツアーし、その間に7枚のアルバムを発表し、個別に尊敬すべき才能(ニック・ケイヴ、キャット・パワー、ボニー"プリンス"ビリー、PJ・ハーヴィ等)との多くの実りあるコラボレイションを行った。この20年間、彼らは誓いを新たにしたり、エンジンをかけたり、ライヴをしたり、アルバムを作ったりするために何度か集まってきた。『ラヴ・チェンジズ・エヴリシング』は、湧き出たばかりの清水のような透明感で沸きあがってくる。その透明性は、ディストーションの濁流、ダーティなギター、ヴァイオリンの汚れ、そして、ときにマイクの許容範囲を超えて打ち鳴らされるドラムの音へと変化していく。

こうした形は、今日の彼らのように風化するために生まれてきたのだ。時間は関係ない。彼らはときを経て集めた英知で、毎回、新しいもののように歌わせている。それは更新する。『ラヴ・チェンジズ・エヴリシング』。


■Track list

  • 1. Love changes everything I
  • 2. Love changes everything II
  • 3. Love changes everything III
  • 4. Love changes everything IV
  • 5. Love changes everything V
  • 6. Love changes everything VI
DIRTY THREE『LOVE CHANGES EVERYTHING』CD

Customer Reviews

Be the first to write a review
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
Drawer Title
類似商品