イアン・F・マーティン(著) 坂本麻里子(訳)バンドやめようぜ!――あるイギリス人のディープな現代日本ポップ・ロック界探検記

日本では否定的なレヴューがタブーとなっているのはなぜか? 松田聖子から渋谷系、ナンバーガールからAKB48まで 英国人ジャーナリストによる日本のロック/ポップスおよび文化批評 日本に住んで13年、イアン・マーティンが描いた、日本のオーヴァーグラウンド/アンダーグラウンドの大衆音楽史、アイドルにおけるセクシャル・ポリティクスと後期資本主義、音楽メディアや公共性、伝統の問題……。 「日本メディアの側が自分たちの国をなんとも不思議な四つの季節を持ち、使うのがややこしい食器の数々を備えた神秘の地として描写したがるのと同じくらい、西洋側メディアも喜んでそのお返しとして奇妙でカラフルで派手やか、突飛なものなら何でも強調した東洋風な日本報道をおこなっている。こんな風にして日本の音楽は西側においては主に歪んだレンズを通して認知されることになるのだし、僕がイギリスで大きくなる中で抱いていた日本の音楽に対するイメージもまたこの点に大いに影響されたものだった。」(本書より) BBCから取材され、The Quietusで記事が組まれ、Crack Magazineが「今年読むべき本」のNo.1に選んだ、イギリス人ジャーナリストによる噂の日本ロック/ポップス批評、ついに翻訳刊行! ■目次 パート1:僕はどんな風に日本の音楽シーンにたどり着いたのか、 そしてそこで僕が発見したのは何だったか '97の世代 日本の音楽について書くということ パート2:総合的かつ完全に正確きわまりない 日本のポピュラー・ミュージック通史 日本のポピュラー・ミュージックの初期展開 ロックンロール、日本上陸 ニュー・ロック ロックンロールとガソリンの臭い 薬物不法所持逮捕からニューミュージックまで 成熟を迎えたポップと演歌の硬直化 パンク ニュー・ウェイヴ アイドルと歌謡曲の死 J-ポップと現代日本音楽の誕生 渋谷系、そしてインディを発見した日本 日本音楽の歴史の終わりと永遠のナウの誕生 パート3:ライヴ・アクトたちを見舞う経済的、政治的、そして実際的な 危険の数々、もしくはバンドをやめずに続けるにはどうしたらいいか 高円寺、東京にて 海外へ 日本の音楽は海外でどう受け取られているのか 日本音楽の海外進出作戦 愛のためでも金のためでもなく――ライヴ・ハウス事情 シーン内の政治をさばくには シーンにある制約を克服するということ レーベルはくたばれ 言い分は分かるけど、なんでCDの話になるの? 言語と日本人らしさ すべてのアートは政治的である サブカルとアイドル おがくずの詰まった操り人形、音を出す操り人形:――“夢見るシャンソン人形” ピンクのギター 何だって好きなことを言うのも、何も言わないのも同じこと とは言っても、結局は…… ほか ●著者紹介 イアン・F・マーティン Ian F. Martin イアン・マーティンが執筆した日本の音楽に関する文章は『ジャパンタイムズ』、『CNNトラヴェル』、『ザ・ガーディアン』他が掲載してきた。マーティンは東京を拠点に活動しており、そのかたわら〈コール・アンド・レスポンス・レコーズ〉も運営中。 ●訳者紹介 坂本麻里子 Mariko Sakamoto 1970年(昭和45年)、東京生まれ。日本芸術大学映画学科卒業。『ロッキング・オン』を中心にライター/通訳として活動。本書が初の書籍翻訳。
型番 ISBN:978-4-907276-88-1
販売価格
2,750円
購入数