パオロ・パリージ(著) 石原有佐子(訳)/ ビリー・ホリデイ――レディ・デイのためのブルース

ディアンジェロが、ケンドリック・ラマーが、ビヨンセが立ち返る原点。 好評コミック・ノベル第2弾は、ビリー・ホリデイ! ブラック・ライヴズ・マターに呼応する入魂の1冊! 南部の木々には奇妙な果実がみのる…… いまだからこそ振り返っておきたい「ストレンジ・フルーツ」の真実が、 稀代のイタリア人グラフィック・アーティストによっていま明かされる! 好評のスピリチュアル・ジャズ・コミック第2弾が描くのは、 不世出のジャズ・ヴォーカリスト、ビリー・ホリデイ。 しかしなぜいまビリー・ホリデイなのか? 前著『コルトレーン』は2009年にイタリアで出版され、その後計7カ国で出版されるなど世界中で好評を集めた。 それを受け次の作品を描き進めていた著者パオロ・パリージは、 急遽予定を変更しビリー・ホリデイをとり上げることを決意。 「ブラック・ライヴズ・マター(黒人の命も大切だ)」 ……いまという時代を見つめる著者の熱い想いが炸裂する! ブラック・カルチャーが煮えたぎるいまだからこそ読みたい1冊、待望の日本語訳が登場です。 この本は一冊のブルースだ。イントロで始まり、アウトロで終わる。 各章のタイトルは、私のお気に入りのレディ・デイの曲名からとった。 ブルースについて語るのは、身の回りで起こったこと、生きてきた人生の断片などについて語ることだ。 ブルースが、私たちを解き放ち、意思を表現するのだ。ブルースは、エンターテイメントであり、語りである。 そして、ブルースは政治的表明でもある。(著者あとがきより)
型番 ISBN:978-4-907276-78-2
販売価格
2,106円
購入数