松村正人(編)/ 別冊ele-king 読書夜話 ──音楽ファンのためのブックガイド

出版不況があたりまえのこととなり、ベストセラーとそうではない本の二極化が進むなか、それでも書店には本を特集した、本のための本が多く見受けられるのは、消えつつあるものへのノスタルジーなのでしょうか? この本はそうは思いません。本という「メディア」がつねに再考されるのは読者の動機をこえる「体験」を「読む」ことがもたらすことにあります。 本書ではまずもってそのような本を探し求めます。一見してカタログ風ですが、この本は利便性だけを追究するものではありません。 2015年を映しながら、しかしことさら現在にこだわらないことによって過去より現在を腑分けする「読む」こころみを、ぜひ本書を開いて探してください。 〈目次〉 第1章 ■小説■ 音楽と本の関係 高城昌平(cero)インタビュー 聞き手:磯部涼 タルホ座流星群ふたたび 増村和彦(森は生きている)インタヴュー 聞き手:野田努 世界の外に立たない思考 保坂和志 インタヴュー 小島信夫の6冊あまり 松村正人 メタフィクションの功罪とパラフィクションの現在 佐々木敦インタヴュー アンケート 私の3冊 湯川潮音 21世紀の国内文学10 矢野利裕 小説のマジカルタッチ ラテンアメリカ文学の世界 寺尾隆吉インタヴュー 21世紀の海外文学 石井千湖 終わりから70年目の戦争の4冊 松村正人 1990年代の6冊 矢野利裕 第2章 ■政治、思想、批評と教育■ いまだ表現の自由は可能か!? 対談:五野井郁夫×水越真紀 松村正人 アンケート 私の3冊 寺尾紗穂 古典と歴史 その読み方 石川忠司 強制と自発のアレンジメント 転向論を読み直す 矢野利裕 「学校では教えてくれない」が意味すること 若尾裕 実践により「社会」を読むための5冊 第3章 ■詩と詩人たち■ 21世紀の短歌研究 世界の底の13歌集13首 永井祐 渇きを癒す書物 満員電車を見送る方法 友川カズキインタヴュー 詩写真 Making Time 辺口芳典 第4章 ■サブ/カルチャー■ 貫読のススメ 画竜点睛を欠くことの心得 湯浅学インタヴュー 結末は最後まではわからない 染谷将太インタヴュー オラリティー(声)とリテラシー(文字)の相克 三田格 読書というポップ 山崎晴美を作った本 山崎晴美インタヴュー 意味もなく内側のスリルだけを頂くための20冊 山崎晴美 矛盾体が生み出す言葉 失われた音楽書を求めて 大谷能生 ロックの“夢見る力”は無限大 シーナ『YOU MAY DREAM』を再読する モブ・ノリオ 映画を観る筋肉 いま発見すべき映画本 樋口泰人 写真:菊池良助 小原泰広 発売日:2015/4/15
型番 ISBN:978-4-907276-29-4
販売価格
1,870円
購入数