BOOK

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • <img class='new_mark_img1' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons15.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />Sparkling 竹井千佳画集 Sparkling 竹井千佳画集 女の子の心をわしづかみにする大人気のイラストレーター、竹井千佳。初のイラスト全集ついに発売! 2,484円
  • 三田格(監修) デンシノオト(協力)IDM definitive 1958 - 2018 三田格(監修) デンシノオト(協力)IDM definitive 1958 - 2018 そもそも、「IDM」および「エレクトロニカ」と呼ばれる音楽とは何なのか?それはハウス・ミュージック以降に生まれた言葉だ。それはダンスを契機としながらダンスを越える電子音楽だ。クラブ仕様としての機能性よりも、楽曲としての創造性を優先するテクノ・ミュージック、エイフェックス・ツインを起爆剤としながら過去と未来に波及する──IDM・エレクトロニカ、世界初の大カタログ登場!! 2,808円
  • 松村正人(編)別冊ele-king コーネリアスのすべて 松村正人(編)別冊ele-king コーネリアスのすべて その生い立ちから初めてザ・スミスを聴いた夜、小沢健二との出会い、フリッパーズ・ギター解散からコーネリアスへ、そして『ファンタズマ』から新作『Mellow Waves』へ、その半生を語る超ロング・インタヴュー。初めて公開する幼少期の家族写真、中高時代など、貴重な写真も多数掲載な……、11年ぶりの新作『Mellow Waves』をリリースするコーネリアスを大特集! 1,836円
  • しま(監修)ボーカロイド音楽の世界 2017 しま(監修)ボーカロイド音楽の世界 2017 2017年のボーカロイド音楽シーンを大総括! 初音ミク10周年という節目を迎え、大きな盛り上がりを見せた2017年のボーカロイド音楽シーン。はたしてその実態はどのようなものだったのか? 同じく10周年を迎えた鏡音リン・レン、初音ミク中国語版の発売、マジカルミライ5周年、「王の帰還」現象と新世代の擡頭、『♯コンパス』コラボ曲の席巻、「砂の惑星」の大ヒット、加速するアンダーグラウンド……などなど、多くの事象が交錯した2017年のボカロ・シーンを、さまざまな切り口から整理し振り返る! 1,620円
  • ステファン・ジェルクン(編) 鈴木孝弥+シンドストラン・ラヴ(訳)超プロテスト・ミュージック・ガイド ステファン・ジェルクン(編) 鈴木孝弥+シンドストラン・ラヴ(訳)超プロテスト・ミュージック・ガイド 自分の人生に対して 政治的インパクトを持った音楽について 考察する、註釈つきのプレイリスト集!!日本版コントリビューター 荏開津広、木津毅、栗原康、桑原茂→、坂本麻里子、 ブレイディみかこ、松村正人、三田格、行松陽介 3,132円
  • 福島槙子(著) ねこみみ編集部(編)まいにち ねこ文具 福島槙子(著) ねこみみ編集部(編)まいにち ねこ文具 ねこ好き目線で思わずクスッと笑っちゃう 爐佑海里わいさ甅爐佑海蕕靴記瓩鮴垢蟾んだ文具から、 文具好きも納得の使いやすいアイデア文具まで…… ねこ文具プランナーが提案する、「ねこ文具」のススメ。 1,890円
  • O.L.H. (Only Love Hurts a.k.a. 面影ラッキーホール)(著)けだものだもの〜O.L.H.のピロウトーク倫理委員会 O.L.H. (Only Love Hurts a.k.a. 面影ラッキーホール)(著)けだものだもの〜O.L.H.のピロウトーク倫理委員会 孤高のファンク・バンドO.L.H.が、満を持して初の書籍をリリース!地上波から排除されたすべての「身の下」の悩みを、O.L.H.のふたり(sinner-yang & aCKy)が“完全かつ最終的に”解決する!! 2,000円
  • イアン・F・マーティン(著) 坂本麻里子(訳)バンドやめようぜ!――あるイギリス人のディープな現代日本ポップ・ロック界探検記 イアン・F・マーティン(著) 坂本麻里子(訳)バンドやめようぜ!――あるイギリス人のディープな現代日本ポップ・ロック界探検記 日本では否定的なレヴューがタブーとなっているのはなぜか? 松田聖子から渋谷系、ナンバーガールからAKB48まで 日本に住んで13年、英国人ジャーナリスト、イアン・マーティンによる日本のロック/ポップスおよび文化批評! 2,700円
  • 松永良平(監修) 小田部仁(編集)ロック画報 特集カクバリズム 松永良平(監修) 小田部仁(編集)ロック画報 特集カクバリズム cero、YOUR SONG IS GOOD、二階堂和美、さらにハマケン率いる在日ファンクまでファミリーとなったカクバリズムの15周年を記念してお届けする『ロック画報』28号目にしてとんでもない変化球! スカート、キセル、イルリメ、片想いなど、すべての所属アーティストを網羅。代表角張渉のロング・インタヴューから各アーティスト・インタヴュー、ディスコグラフィー、関係者対談、貴重な写真もグラビアで。表紙はもちろん本秀康、監修・編集は松永良平、小田部仁。晩秋の15周年記念号、乞うご期待! 2,700円
  • 田亀源五郎(著) 木津毅(編)ゲイ・カルチャーの未来へ 田亀源五郎(著) 木津毅(編)ゲイ・カルチャーの未来へ 初の一般誌連載作品『弟の夫』が第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞し、広く注目を集めているゲイ・エロティック・アーティスト、田亀源五郎。国内外にコアなファンを持ち、日本のゲイ・アートを支え続けてきた巨匠がいまこそ語りつくす、生い立ち、創作の源、ゲイ・エロティシズムの探求、変わりゆく社会へのまなざし……。日本と世界のゲイ・ポップ・カルチャーの過去・現在・未来を繋ぐ1冊! 2,484円
  • 野田努、三田格(編集)/ ele-king vol.21 野田努、三田格(編集)/ ele-king vol.21 2017年間ベスト・アルバム30枚! DYGL(デイグロー)と水曜日のカンパネラ 2大ロング・インタヴュー掲載! 1,620円
  •  萩原健太(著)50年目の『スマイル』――ぼくはビーチ・ボーイズが大好き 萩原健太(著)50年目の『スマイル』――ぼくはビーチ・ボーイズが大好き 萩原健太が精魂込めて描くビーチ・ボーイズと『スマイル』物語 2,268円